XrayN

世界を目指す Counter-Strike チーム 4dimensioN を結成し国内の大会でタイトルを総なめ。2005 年にはスポンサーを獲得しプロゲーマーとして活動。チームの指揮官兼スナイパーを担当していた XrayN 氏に質問をしてみました。

1. ゲームのプレーネーム(ニックネーム)の由来を教えていただけますか?

X から始まる名前を使いたくて友人に相談して考えた結果、当時の私が新世紀エヴァンゲリオンに登場する綾波レイというキャラクターがとても好きだと知っていた友人が Xray という名前を提案してきた事が切欠です。

その後、Deadly Drive というチームに加入した際に D2- というチームタグに Xray という名前がいまいちフィットしない事から Xray の後ろに、今では伝説的な Counter-Strike プレイヤーとして語られる Emil "HeatoN" Christenssen 氏の N を付け加えました。XrayN と書いてレイと読むのは綾波レイがベースになっているからです。

Deadly Drive
『Deadly Drive』は世界を目指す Quake3 クランとして2001年に設立された。
日本トップクラスの成績を収めた後は Counter-Strike をメインに活動を行なっていた。

2. 初めてプレーした FPS や PC ゲームについて教えていただけますか?

初めてプレイした PC ゲームは、15 歳(16 だったかも?)の時にパソコンに詳しい先輩が勧めてきた『Diablo』という今ではハックアンドスラッシュの代表格として挙げられる MORPG です。初めてインターネット上で他者と協力・敵対できるマルチプレイというのものを体験した私は、すぐに PC ゲームの虜になった事をよく覚えています。

それから半年ほどたって人生始めての FPS である『Quake2』に出会いました、とかっこ良く言いたいところですが実際のところ初めてプレイした FPS は 、ニンテンドー64 の『ゴールデンアイ 007』だったと思います。

ゴールデンアイ007
1997年にリリースされた『ゴールデンアイ 007』。家庭用ゲームのFPSとして代表的な存在。

ただゴールデンアイをプレイしていた頃は(13 歳ぐらいだったと思います)、自分がプレイしているゲームが FPS というジャンルに分類されるという事すら知りませんでした。『Quake2』を初めてプレイした時は、まだマウスとキーボードでゲームをプレイする事に強い違和感を覚えたため、ゲームパッドにキーバインドを割り当てて、視点を上下する時だけキーボードの矢印キーを使っていました。

Quake2
id Software の人気 FPS『Quake2

3. 初めて参加したゲームの大会またはイベントの事を覚えていますか?よろしければ当時の事を教えてください。

coooool選手とXray選手(右)
WCG2002日本予選での
Xray選手(右)

2002 年に開催された『World Cyber Games』日本予選がそれに当たると思います。当時日本で圧倒的強さを誇っていた Deadly Drive を倒すために創設されたチーム Chaos vs Order のスナイパーとして参加しました。Deadly Drive には初戦でぶつかって 4 度に渡る延長戦の末に敗北しました。会場には 100 人を超える観戦者が来場していてとても緊張しました。

4. 現在の主な活動について教えてください。

Phobia (旧 Vae Victis)というチームに所属していましたが、先週脱退したので Counter-Strike1.6 から本格的に身を引こうと思っています。今後の活動は特に考えていませんが、e-sports に何らかの形で携わっていきたいと思っています。

5. 4dimensioNが活動停止となった後に、再び Phobia で本格的に活動を始めたきっかけについて教えてください

Phobia に参加したきっかけは、もう一度自分がどれぐらい強くなれるか試してみたかったからです。丁度チームに誘われた時、自分が Counter-Strike を本気でやれる時間は残り 1 年前後だったので、ラストチャンスだと思い Phobia に参加しました。過去に不本意な形で CS から離れてしまったので、もう一度自分自身の FPS の才能を見極めたくなりました。

Phobia Gaming
XrayN 氏が参加していた Counter-Strike チーム『Phobia Gaming』の公式サイト

6. Phobia ではどのような目標で活動していましたか?

チームとしては世界の舞台で一勝を挙げる事でしたが、個人としては過去も現在も未来も全部引っ括めて自分が日本で一番優れた AWPer(CS におけるスナイパー)なのだと確信できるレベルに達する事が最大の目標でした。

XrayN 氏の AWPプレーをまとめたムービー『IAM外伝2 クシャトリヤ

7. Counter-Strikeでの活動やゲームを通じて人生に何か影響がありましたか?

長くに渡る Counter-Strike での活動は自分という人間を深く理解する上で大切なプロセスだったと思っています。仲間と団結して大きな目標に向かう高揚感と努力が実を結んだ達成感は何にも変えられないものです。自分は PC ゲームにどっぷり浸かり始める 18 歳までそれなりにスポーツマンだったからかもしれませんが、団体競技で得られるものに良く似ていると感じています。

また、様々な国の人間と触れ合う異文化コミュニケーションも自分の価値観や考え方に大きな影響を与えたと思っています。

4dimensioN時代
『Cyberathlete Professional League 2004 Summer』での1枚(アメリカ)。
4dimensioN のチームメイトと日本選手団スタッフ。

8. 使用しているデバイスとそれを使っている理由を教えていただけますか?

マウス『Microsoft Intelli Mouse Optical』

特にこれといった理由はありません。単純に CS1.6 において最も自分にフィットしているマウスだと感じたので使い続けています。

マウスソール『Hyperglide Skates MS-1』

とてもよくすべります!

マウスパッド『Artisan Kai.G3 飛燕』

素晴らしいマウスパッドです。滑りも止り具合も安定していて常に自分の最高のパフォーマンスを発揮させてくれます。

キーボード『Steel Series G7』

昔キーボードが故障した際に友人から譲り受けたものなので大切に使っています。

ヘッドセット『Zowie Hammer USB』

万年金欠のため欲しいヘッドセットが買えないので渋々使っています。

モニタ『Acer GD245HQ』

液晶ディスプレイでありながらリフレッシュレートを 120hz で出力できるからです。

XrayN氏のプレー環境
XrayN 氏のプレー環境

9. 注目しているゲーム、e スポーツに関するサイトやブログがあったら教えてください。

Game*Spark』ですね。日本では数少ない洋ゲーを多く扱ったニュースサイトだからです。自分はゲーム好きではありますが、基本的に洋ゲーしかやらないのでゲームの情報を日本語で探すのに苦労します。

Game*Spark
海外のPCゲーム情報を紹介するニュースサイト『Game*Spark

10. サイトを見ている人に何かメッセージがあればお願いします。

一緒にガンダム見てくれる彼女募集中 p(^0^)q

11. 次にこのインタビューを見てみたい人を教えてください。

日本の CS ファンが一番気になってそうな Noppo のインタビューが見たいです。



XrayN さんありがとうございました。現在はマインクラフトがお気に入りで、たまにゲーム配信などを行なったりもしているとのこと。次回の更新では XrayN さんご指名の Noppo さんが登場します。お楽しみに。

XrayN さんプロフィール XrayN さんプロフィール
Counter-Strike のプロゲームチーム 4dimensioNのメンバーとして様々な国際大会に出場。指揮官、スナイパーを担当。現在は洋ゲーを中心にゲームをプレーしている。
ぬるま湯 http://twitter.com/XrayN_JP

RSS、Twitter に登録することで GEAIM の最新記事をすぐにチェックすることが出来ます。